スポーツジムの出禁はあり得る!どんな行為が危険?

お気に入りのスポーツジムが見付かったら、できればそこに通い続けたいものです。もちろん何もなければ問題なく利用し続けることができ、大半の人がノートラブルで利用しています。しかし、中には出禁になってしまう人もいるのです。

なぜそのような事態に見舞われるのか気になるところですよね。どんなことが原因になり得るのか、注意したい行為の数々を紹介します。

出禁になる人はどれだけいるの?

出入り禁止の処分になるのは余程のことであり、数としては決して多いものではありません。とはいえ、出禁になったと悩む人はいくらか存在して、ネット上でもそうした人々を散見することができます。処分相応の行為をしたことで出禁になった人もいれば、合点がいかない理由で強制退会をさせられたという人もおり、色々な理由で利用できなくなっているようです。

出禁の処分を受けてしまうと、別の店舗にも情報が出回ってしまいますので、場所を変えても利用できない可能性が高いです。しかも、その処分がこれから解けることもありません。永久的に利用できないことを考えると、かなり重たい処分と言えるでしょう。

迷惑行為が問題視される

なぜ出禁になってしまうのか、その根底には迷惑行為が大きく関係しています。他の利用者やスタッフなどに対して、何らかの行為を働くことで、結果的に重たい処分を受けてしまうことがあるのです。運営側としては健全な環境を保ちたい考えが当然あり、利用客の質が悪ければ営業にも多大な影響を及ぼす恐れがあります。

危険因子と判断されれば、出禁にされてしまうのも仕方ない面があると言えるでしょう。では、具体的にどんな行為が良くないのか解説をします。

相手を傷付ける行為

まず挙げられるのが、他の利用客を傷付けてしまう行為です。例えば、暴言を吐く行為がそのひとつですね。スポーツジムは自分だけが利用する施設ではなく、他にも沢山の利用客がいます。それゆえに利用方法などを巡って、利用客同士が揉めてしまうようなこともあるのです。

気に食わないことがあったとしても、直接自分で言わずにスタッフに状況を改善してもらうなりすれば良いものの、自分で文句を言ってしまう人もいるのでしょう。その際に暴言を吐くなどすると、危険人物と判断される事由となり、出禁処分となることもあります。

たとえ相手がイライラの原因だったとしても、熱くなって相手を傷付けるようでは自らの立場が悪くなってしまいますので、基本的にはスタッフを通すことが大切です。

勝手にアドバイスをする

他の利用者にトレーニング方法などのアドバイスをするのも、問題行為に捉えられることがあります。中には親切心で世話を焼いている人もいるかもしれませんが、相手からすれば必ずしも、親切として受け取ってくれるわけではないのです。

ただのいち利用者にも関わらず、口を出してくるはた迷惑な存在で、そうした行為を酷く嫌がる人もいます。その行為によって迷惑に感じさせたり、利用客が辞めたりするようなことでもあれば、それは立派な営業妨害になってしまうでしょう。

なお、アドバイスをするといった振る舞いは、常連によく見られる行為でもあります。先輩風を吹かせて教えたい気持ちになるのかもしれませんが、度が過ぎれば越権行為と判断されてしまうかもしれません。常連だからといって出禁にならないということは全くなく、すでに要注意人物としてブラックリストに入っていることも考えられるのです。

過度にクレームを入れる

時には何らかの理由でスポーツジムに対して、クレームを入れることもあるかもしれません。それが至極、正当性のあるものならば良いものの、自分本位のものですと状況が違ってきます。単なるわがままと捉えられるような内容だと、いわゆるモンスタークレーマーとして認識される恐れがあります。

特に、他の利用客の迷惑になるような大きな声で文句を言ったり、スタッフに対して厳しい物言いをしたりすると、危険人物として扱われてしまう可能性が大です。スポーツジムに限ったことではありませんが、利用客の中には横柄な態度を取る人も確かにいますよね。

こういった特徴を持つ人は嫌われやすく、出禁処分になってしまうのも無理はありません。

異性に対して視線を送る

男女が入り混じって利用するスポーツジムでは、異性間でのトラブルが生じることもあります。例えば女性利用客に対して、不必要に視線を送ったことで出禁になったというケースもあるのです。男性からすれば直接的に何かをしたわけではないものの、女性からすると、見知らぬ男性にじっと見られたら気持ち悪く感じてしまいますよね。

直接の被害があったわけではないゆえに、スタッフにも相談をしにくいかもしれませんが、事実確認ができれば出禁にしてくれることもあるのです。もちろん逆のパターンも同様で、ずっと見てくる気持ちの悪い女性がいるとなれば、出禁になることもあるでしょう。

相手に不快感を与えるという行為は、性別は関係なく処分される事由のひとつですので、利用客は注意をしなければいけませんね。

スタッフをナンパする

スポーツジムのスタッフは接客業なこともあり、利用客に親切に対応してくれることが多いですよね。そんな態度に好感を抱き、気になってしまうという人もいるかもしれません。ただ、だからといってナンパをすると出禁になる恐れがあります。

営業妨害に取られ兼ねない行為であり、しつこくすると即刻、退会処分になることもあり得ます。人を好きになるのは自然なことでもあるものの、出禁になりたくないのなら、迷惑を顧みないアプローチをするのは要注意と言えそうですね。

公営スポーツジムの特徴とは?メリット・デメリットを比較してみた

マシンや設備の扱いが雑

沢山のマシンがあり様々な運動をできるのがスポーツジムの良さです。ただ、それらはあくまでも借りながら利用している物であって、各自が丁寧に扱わなければいけません。ところが扱いがあまり良くない人もいるのです。

ガチャガチャと騒音が出るほど雑に使ったり、ダンベルを投げるようなことがあったりなど、これらはスポーツジム側から迷惑行為に感じられやすい行動です。また、更衣室のロッカーなども同様で、破損させるなどの行為が明らかになれば問題と言えます。

最初の内は口頭での注意だけで済むかもしれませんが、何度言っても改善がされないようですと、止むを得ず出禁にされてしまう可能性もあるでしょう。利用者同士が快適に施設を利用できるよう、各々に一定のマナーも求められますので、自分本位の振る舞いには十分注意をしなければいけません。

参考サイト...ジム・スポーツクラブ・フィットネスクラブなら【メガロス】