公営スポーツジムの特徴とは?メリット・デメリットを比較してみた

スポーツジムは公営と民間ジムに分けられ、どちらも運動や筋トレを目的としているものの全く同じとはいえません。一概にどちらかが優れているわけではありませんが、メリット・デメリットを押さえておくことで自分が通うべきジムの姿が見えてきます。

では、公営ジムの特徴とは何なのでしょうか。通う前にポイントを確認しておきましょう。


料金形態が分かりやすく安い

公営ジムの最大の特徴は料金形態にあります。民間ジムは月額制のジムが多く、通う通わないに関わらず一定の金額を支払わなければいけません。対して公営ジムは日払いのスポーツジムが多く、通う日だけ料金を支払えば施設を利用できます。

特典やキャンペーンなどもありませんが、非常にシンプルな料金形態となっているのです。また、民間ジムはマンツーマンで指導を受けると、それ相応な金額を支払う必要があります。公営ジムではそんなアドバイザーはいませんが、アドバイザーを必要とせずただ運動する目的でのみ利用するならピッタリの施設なのです。

シンプルな料金形態かつ安価なのも公営ジムの魅力です。1時間単位で料金が決められており、その料金は高くても500円ほどです。

大抵は300円前後で利用できますし、自治体によっては1時間100円で利用できる施設もあります。

自宅にマシンを購入するよりもはるかに安価ですし、少しでも運動にかかる費用を節約したいのなら公営ジムを選ぶとよいでしょう。週に1、2回程度しか通わないのなら月に2,000円前後で済ませられます。

スタッフに質問できる

基本的には用意されているトレーニングマシンをそのまま使用しますが、最初は使用方法がわからないかもしれません。その場合は施設内のスタッフに聞くことでアドバイスを貰えるので、貰ったアドバイス通りに運動をして効率よく体を鍛えられます。

また、ここでマシンの使い方を学んで、民間ジムへ通うというルートを辿ることも可能です。民間ジムほど設備は新しくないかもしれませんが、基本的な使い方に違いはありません。トレーニング初心者の入門用施設に適したジムといえます。

それなりの規模の公営ジムが多い

駅から離れた場所の公営ジムが多いものの、しっかりと土地を活用した規模の大きいジムが多いことも特徴の一つです。規模が大きいことで様々な設備を活用でき、トレーニングマシンはもちろんプールやエアロビクス体験コースなども用意されています。

どんな設備があるかは公営ジムにもよりますが、満足度の高いトレーニングは十分に可能でしょう。中にはサウナなども用意している公営ジムもあり、トレーニングとリラクゼーションの両方を行えます。ただし、トレーニングウェアの貸出は行っていないことがほとんどなので、プールに入りたい場合は自分で水着を用意する必要があります。

室内でトレーニングを行いたい方はシューズも自分で用意して、万全の状態でトレーニングに励みましょう。できれば汗をかいた時用の替えの下着なども用意することをおすすめします。また、必ずしも温浴施設が設置してあるとは限りません。

シャワーだけの公営ジムも多く、この辺りは自治体の規模にもよるため事前に設備を調べてから通いましょう。

利用者層は様々

民間ジムはサラリーマンなどある程度利用者層が偏っているものの、公営ジムは料金の安さや手軽さから様々な人が利用します。学生からお年寄りまで、利用する時間帯にもよりますが、多少マナーの悪い利用者もいるかもしれません。

また、民間ジムより混むことも多く、人気の高いマシンはなかなか空きが来ない可能性もあります。せっかく料金を支払って目当てのトレーニングマシンが使えないのではもったいないので、事前に空きやすい時間帯を調べておくと無駄なくマシンを活用できます。

一方で、民間ジムよりも本格的にトレーニングする人は多くありません。多少運動不足を解消したい、運動初心者だけどとりあえず走ってみたいという人が多く、ジム初心者にありがちな運動不足により目立ってしまうのではないかという懸念をかき消すことができます。

この点もジム初心者におすすめな理由の一つであり、周りと比較して挫折することなく運動に励めるメリットでもあります。

営業時間が限られている

民間ジムは仕事帰りのサラリーマンなどをターゲットにしていることから、24時間営業しているジムも少なくありません。反面公営ジムは営業時間が限られていることが多く、日中通えない方は平日自由に通えない可能性があります。

仮に通えても、夕方から夜間にかけては学生やサラリーマンの利用客が増えるため混雑することも多く、満足のいくトレーニングができるかは未知数です。夜遅くでも通えるジムを探している場合は、公営ジムは不向きといえるでしょう。

ただし、早朝からオープンしている施設は多いので、朝通いたい方は問題なく通える可能性はあります。

適切な指導員はいない

施設を管理しているスタッフはいますが、本格的なトレーニングに対するアドバイスを期待できるわけではありません。正しい器具の使い方などは質問すれば答えてくれますが、使い方をきちんと把握せず器具を使用する利用客もいるため、適切な指導員の不在がマナーの悪さに繋がっている面もあります。

何となくでトレーニングマシンを使用していると、体を痛めたり最悪怪我をする恐れがあります。効率的に運動ができないだけでなく、リスクを背負いながら運動せざるを得ない状況に陥りやすいのも公営ジムのデメリットです。

初心者の方は最低限スタッフに器具の使い方だけは聞いておき、自分の身を守りましょう。

ジム通いに慣れたベテランにも向いている

ジム初心者に向いていると説明してきましたが、実はベテランにも向いているのが公営ジムの特徴でもあります。自分でメニューを考えて実行に移す必要があるため、鍛えるべきポイントなどを把握しているベテランには本格的なスタッフの不在がデメリットになりません。

また、長時間一つのマシンを独占している利用者の存在など必ずしも目当てのマシンを使えるとは限りませんが、ジム通いに慣れていればアドリブも効きます。代わりに別のマシンを使って鍛えたりと、目当てのマシンが空くまでの時間を有効活用しながらトレーニングに励めるのです。

民間ジムに比べて古い設備が多くなりがちなのはマイナスポイントですが、それでもマシンを使わない自重トレーニングよりは効率も良くなります。